.

 Home > ゴルフ上達ストレッチ講座 > 連載記事
宗像ゴルフセンター ゴルフ上達ストレッチ講座
ゴルフ上達の為には、柔軟性の向上は欠かせません。ストレッチはゴルフのすべての動作をスムーズにします。特に良いスウィングを作るには柔軟性はかかせません。
練習前後にストレッチを行い、より効果的な練習にしていきましょう。
第16回 基本的なスイング ワンレバースイング
1. 手首を使わないで、振り子の運動イメージでスイングします。
2. 手首を使わない動きの中で、体を正しく動かすと
8時―4時(写真(2)(3))の振り幅が理想であり、限界になります。

●ワンレバースイングの特徴

イメージは振り子運動ですが、実際には、ワンレバースイングの動きをするとやはりスイングの1つなので、小さな体重移動と自動的にわずかな足の踏み替えが発生し、緩やかな回転運動になります。
ワンレバースイングの始動は、背骨の両脇にある筋肉を、背骨を中心に入れ替えるように動かすことから始めます。
左右を1回として10回繰り返してみましょう。
呼吸を止めずに、無理のないように痛みの出ない範囲で行いましょう。
前のページへ戻る